紀文 おせち

紀文のおせちは子供からお年寄りまで楽しめる

紀文公式サイトはこちら!

家族の中には、小さい子供がいることもあれば、お年寄りがいることもあるでしょう。紀文のおせち料理では、色々な世代に合ったタイプが用意されています。キャラクタータイプや、柔らかめに作られたタイプもあります。


人数に合わせて選ぶことができる

かつての家庭といえば、夫婦と子供2人の4人家族が多かったとされます。今は子供の数が少なくなり、子供が一人になることがあります。そうなると家族も3人になります。親子は3人だが、世代が増えて両親が加わることがあります。そうなると5人家族になります。家族の人数に合わせて料理の量も変化させる必要があるでしょう。紀文が提供してくれるおせちには、三段重と二段重があります。三段重は主に家族が5人から4人向けになっています。二段重は4人から3人家族にぴったりの量になっています。人数によって選ぶことができるので、多すぎたり少なすぎたりすることがないようにできるでしょう。

子供がいるならキャラクター重を選ぶ

子供はあまり行事などをよく知りません。でも少しずつ覚えさせる必要があります。普段の食事などでも、通常は大人用と子供用に分けて作ることがあるでしょう。子供の場合は少し甘めにすることもありますし、形などにこだわることもあります。紀文ではおせちセットを購入することができますが、子供がいるなら、キャラクター重を選ぶと良いかもしれません。まずはお重にキャラクターが描かれています。それを見ただけで喜ぶかもしれません。その他、かまぼこなどにイラストがついているものが入っています。普段はかまぼこなどを食べない子供でも、キャラクターが描かれているものなら喜んで食べるかもしれません。

咀嚼があまり得意でない人向けがある

高齢化社会が進んでいると言われています。お正月を高齢の夫婦のみで過ごすこともあるかもしれません。これまでなら、年末から正月の準備をしていた人も、年々それができなくなってくることもあります。最近はおせち料理も通販などを利用することが多くなっているので、上手くサービスを活用すると良いかもしれません。紀文が用意している商品として、食べやすくしているタイプがあります。どうしても固めの料理などは歯が弱い人などは食べにくくなることがあるでしょう。柔らかめに作られているので、咀嚼が得意でない人でも楽に食べられるようになっています。家族で楽しみながら食べることができます。

まとめ

家族の人数は各家庭で異なります。人数を間違えて料理を用意すると、多すぎたり少なすぎたりになります。紀文のおせちでは、5人向けから2人向け等幅広い量が用意されています。ですからいろいろな家庭で楽しむことができます。


公式ページはこちら

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

匠本舗
京都の祇園といえば、お茶屋遊びができる所として知られています。食事をしながら、舞妓さんの踊りなどを楽しめるようになっています。一般の人が気軽に行くことはできず、一見さん御断りのお店も多いとされています。
博多久松
正月をどんなふうに過ごすかは人それぞれ、家庭それぞれ違うと言えるでしょう。一人暮らしをしている人はひっそりと、日頃過ごしている家族だけで過ごすこともあれば、里帰りをして賑やかな中で過ごす人もいるはずです。
東京正直屋
若い人はどちらかといえば和食よりも洋食を好むでしょう。一方、高齢の人は洋食よりも和食を好むことが多いです。その他中華料理なども人気があります。好みがわかれるとき、どちらかに偏った料理だと誰かがあまり食べられない場合が出てきてしまいます。
オイシックス
昭和の時代では、おせち料理は手作りをするのが一般的でしたが、現代は働く女性が増えており、インターネット通販などで、おせち料理を購入している人が増加しています。オイシックスは、口コミで評価の高い会社で、中国産の食材などは使用しておらず、無添加で安全性の高い食材を取り扱っています。